アステアの親しい友人

ジョン・ヘイ・ホイットニー

名門ホイットニー家に生まれた富豪。通称:ジョック・ホイットニー。アステアとは、舞台時代からの付き合いだった。
ホイットニーは、多くの馬を持った馬主だったので、アステアとの接点は競馬から始まったものと思われる。
アステアの姉、アデールとも懇意で、新聞の芸能欄では、「アデールとジョック・ホイットニーは親密な関係にある」との記事になったこともある。

ランドルフ・スコット

ランドルフ・スコットとは、ゴルフ仲間だった。西部劇の男と、ショービジネスの男の組み合わせが面白い。

コール・ポーター

コール・ポーターとは、ブロード・ウエイ時代からの長い友人だった。

アーヴィング・バーリン

アーヴィング・バーリンとは、「トップ・ハット」の撮影中にはじまった付き合いが生涯続いた。

ビング・クロスビー

ビング・クロスビーとは、ゴルフ仲間だった。

ハーミズ・パン

ハーミズ・パンとは、RKO時代からの長い友情が続いた。

バリー・チェイス

バリー・チェイスは、アステア最晩年のダンス・パートナー。オフもオンも、両方一緒にいてもうまくやっていけるベスト・パートナーだった。

ウィリアム・セルフ

映画・テレビ製作会社社長。アステアとは、ゴルフ場で出会ったゴルフ仲間。カードゲームもよく一緒にプレイした。
アステアに、AFI生涯功労賞を受けることを勧めたのはセルフである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加