ボードビル時代:ウエディング・ケーキ・アクト

アデールとフレッドが花嫁と花婿になる演目。曲は「ドリームランド・ワルツ」。アステア姉弟の、初巡業の出し物である。

セットに使われる大型の電飾付きケーキは、アステア姉弟が所属していたダンス・アカデミーから自腹購入した。
フレッドの衣装は、「トップハット、ホワイトタイ、テールコート」。(正装が身につくはずである)
「ちびっこ芸」としての受けだったようだが、スベリ知らずの好評な演目だった。

ウエディング・ケーキ・アクトの巡業地

  • 1905.11  ニュージャージー州キーポート(週末のみ出演、ギャラは50ドル)
  • 1906.1  ニュージャージー州 ヤングピア劇場
  • 1906.3  ニュージャージー州 Keith’s Theatre, Bijou Theatre, Perth Amboy
  • 1906.3  ペンシルバニア州 Family Theatre
  • 1907.3  ペンシュルバニア州シャモキン
  • 1907.4.19~24  ミネソタ州セントポール
  • 1907.4.26~5.1  ペンシルバニア州フィラデルフィア グランド・オペラ・ハウス
  • 1907.5  ペンシルバニア州パターソン(アステアの父がオルフェウムに売り込み、この地の舞台をオルフェウムがチェックしている)
  • 1907.5  ペンシルバニア州ポッツタウン オペラハウス
  • 1907.7.23~28  ニュージャージー州ニューアーク Proctor’s Theatre
  • 1907.12  ニュージャージー州 Hudson Theatre
  • 1907.12.31  NY ブロードウエイ劇場(大晦日に仕事しとる!)

※「Orpheum」は、カタカナでは「オーフィウム」とされることが多いようですが、管理人は「アステア―ザ・ダンサー」でオルフェウムを知った人間なので、うちのブログは「オルフェウム」で統一します。

第二期ウエディング・ケーキ・アクト

(多分、ここからオルフェウムの契約)

  • 1908.7  アイオワ州デモイン Majestic Theatre
  • 1908.8  アイオワ州スーシティ オルフェウム劇場
  • 1908.10  デラウエア州ウィルミントン Garrick Theatre
  • 1908.10.16~21  ニュージャージー州ユニオンヒル Hudson Theatre
  • 1908.11  オハイオ州デイトン Lyric Theatre
  • 1908.12.6~11  ネブラスカ州オマハ(アステアの地元)オルフェウム劇場
  • 1908.12.17~21  ニュジャージー州ユニオンヒル Hudson Theatre

(ここからは、オルフェウムかどうか不明)

  • 1909.1.3~8  モンタナ州ビュート
  • 1909.1.10  ワシントン州スポーケン
  • 1909.1.14~18  ワシントン州スポーケン
  • 1909.1.21~26  ワシントン州シアトル
  • 1909.2.7~11  カリフォルニア州オークランド
  • 1909.2.12~14  カリフォルニア州サンフランシスコ
  • 1909.2.16~21  カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 1909.3  ユタ州ソルトレイクシティ
  • 1909.3.20~25  コロラド州デンバー
  • 1909.4.19~24  ミネソタ州セントポール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加