踊るニューヨーク Broadway Melody of 1940

●1940.2.14 MGM
●日本公開1940(MGM配給)

●キャスト
ジョニー……フレッド・アステア
クレア……エレノア・パウエル
キング・ショー……ジョージ・マーフィー
ボブ・ケイシー……フランク・モーガン
バート・C・マシューズ……イアン・ハンター
エイミー・ブレイク……フローレンス・ライス
ダンス・エキストラ……ベス・フラワーズ
ウェイター……ジーン・デル・ヴァルポール・E・バーンズ

●ストーリー
小さなダンスホールのダンサー、ジョニーとキングの元へ、有名舞踏家クレアのマネージャーが訪ねてくる。
マネージャーは、ジョニーをスカウトしにきたのだが、ジョニーは借金取りだと思い込み、「自分はキングだ」と嘘を言い、キングをジョニーだということにしてしまう。
マネージャーは、キングをジョニーと思い込んだまま、クレアの相手役に大抜擢。キングは思わぬ大役を、驚きながらも喜んで引き受ける。
しかし、稽古が進むにつれ、キングは自身をなくし、舞台に立てなくなってしまう。
そこで、ジョニーは、キングに代わってクレアの相手役をつとめ、大成功。クレアの愛も手に入れる。それを見たキングも奮起し、キング、ジョニー、クレアの三人で舞台に上がり、三人が踊るステージは大喝采を受ける。

●ミュージカル・ナンバー (★はアステアのナンバー)
Please Dont’ Monkey with Broadway★
I Am the Captain
Between You and Me
I’ve Got My Eyes On You★
Jukebox Dance★
I Concentrate On You★
Begin the Beguine★

●その他情報
・エレノアは、アステアに憧れを持っていたらしい。アステアと初対面のときには、緊張して顔が真っ赤だったそうな
・ジョージ・マーフィーは、この映画以前からフレッドの友人だった
・アステアとエレノアは、二人で意見を出し合って、二人のダンスシーンのステップを作った。(共演のダンサー二人が相談しながらステップを作るのは、あたりまえのことかもしれない。しかし、エレノア&フレッドがそれをしたと思うと、夢のようである。こんな贅沢が許されるのだろうか!)
・アステアは、本作のエレノアのダンスを、非常に高く評価していた
・本作は、カラー撮影の予定だったが、社会情勢(第二次世界大戦)に配慮し、モノクロ撮影に変更された
・エレノアは、「Jukebox Dance」が最も好きだそうである
・「ビギン・ザ・ビギン」のエレノア&フレッドのコンビダンスは素晴らしい。もしも、未見の方がいらしたら、すぐにご覧になるのが良いです。

●スタッフ
製作……ジャック・カミングス
監督……ノーマン・タウログ
原案……ジャック・マクゴワンドア・シャーリー
脚本……レオン・ゴードンジョージ・オッペンハイマー
撮影……オリバー・T・マーシュジョゼフ・ルッテンバーグ
音楽……アルフレッド・ニューマン
歌曲……コール・ポーター
振り付け……ボビー・コノリー
録音……ダグラス・シアラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加