アステアの出演映画

絹の靴下 Silk Stockings

更新日:

●1957.5.20 MGM
●日本公開1958 (MGM配給)

キャスト  役名…俳優名

スティーブ・キャンフィールド……フレッド・アステア
ニナ・ヨシェンコ(ニノチカ)……シド・チャリス
ペギー・デイトン……ジャニス・ペイジ
ブランコフ……ピーター・ローレ
ビビンスキー……ジュールス・マンシン
ホテルのポーター……ピーター・カムリン
ダンサー……ジョーン・マロニーバリー・チェイス

ストーリー

ソ連の作曲家ボロフはパリで公演し、人気がでたため、パリにいついてしまう。
ハリウッドのプロデューサー、スティーブは、ボロフに、50000ドルのギャラを提示して作曲を依頼。ボロフは、ますます帰る気が無くなる。

ソ連側は、ボロフを帰国させるため、お堅い共産党員ニノチカを差し向ける。

ブランコフを連れ帰られると、ビジネスがダメになってしまうため、スティーブはニノチカ懐柔作戦を展開。やがて、二人は惹かれあうようになる。
しかし、ニノチカは任務を全うし、ブランコフをつれてソ連に帰っていく。

ソ連に帰ったものの、ニノチカはスティーブが忘れられない。
やがて、ニノチカは再びパリに派遣され、待っていたスティーブのプロポーズを受け、そのまま二度と母国には帰らなかった。

ミュージカル・ナンバー  (★はアステアのナンバー)

Too Bad★
Paris Loves Lovers★
Stereophonic Sound★
It's a Chemical Reaction,Tha't All
All of You★
Satin and Silk
Without Love
Fated to Be Mated★
Josephine
Siberia
The Red Blues
The Ritz Roll and Rock★
I've Got You Under My Skin
Close
You'd Be so Nice to Come Home To
You Can Do No Wrovg

その他情報

  • 撮影は、1956.11.7~1957.1.31に行われた
  • 本作は、グレタ・ガルボの「ニノチカ」のミュージカル版である
  • 撮影前、アステアは、「恋人役には年を取りすぎている」ことを気にしていた
  • 後になって、アステアは「自分のThe Ritz Roll and Rockの歌い方が気に入らない」と言っている。「派手にやりすぎ」だそうだ。同曲は、アステアがポーターに依頼して書かせた曲なので、力が入りすぎたのだろうか?
  • The Ritz Roll and Rockはアステアが、正装の男性群舞を従えて踊る。これは意外と珍しいことだったりする
  • 撮影初日に、アステアからシドに「赤いフィンチ」が贈られた。ちょっと迷惑だったみたいである
  • シドの歌は、キャロル・リチャーズの吹き替え
  • シドが白いスリップを着て踊るシーンは、扇情的にすぎるとの理由で審査対象となった
  • 本作には、ちょい役でバリー・チェイスが出演している。バリーは、後にアステアのTVシリーズで、アステアがたった一人だけ選んだダンスパートナーである
  • 個人的な意見だが、私が本作で最も好きなダンスナンバーは「The Red Blues」なのである。アステアが踊らないナンバーが一番気に入りなのは、本作だけである

スタッフ

製作……アーサー・フリード
監督……ルーベン・マムーリアン
原作……メルヒオル・レンジェル
原作脚本……ジョージ・S・カウフマンリューイーン・マクグラスエイブ・バロース
脚本……レナード・ガーシュレナード・スピーゲルガス
撮影……ロバート・ブロナー
美術セット……エドウィン・B・ウィリス
音楽……アンドレ・プレヴィン
歌曲……コール・ポーター
振り付け……ハーミズ・パンユージン・ローリング
ヘア・スタイリスト……シドニー・ギラロフ

-アステアの出演映画

Copyright© 夜も昼もアステア! 二号館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.