1932年 陽気な離婚 Gay Divorce

●1932.11.29~1933.7.1

●エセル・バリモア劇場→シューバート劇場

●製作
ドゥワイト・ワイマン、トム・ウェザリー
●脚本
ドワイト・テイラー
●舞台監督
ハワード・リンゼイ
●舞台美術
ジョー・ミールツィナー
●作詞・作曲
コール・ポーター

●キャスト
フレッド・アステア
クレア・ルース
ルエラ・ギア
エリック・ブロア
エリック・ローズ

●アステアのナンバー
After You, Who?
Night and Day
I’ve Got You on My Mind
You’re in Love

●その他情報
・アステアは、「After You, Who?」を気に入って本作への出演を決断した
・本作の批評には、アデールの不在を嘆くものがあった
・公演中、アステアはフィリスとの結婚に向かって準備を進めていた

※さすがに、私はアステアの舞台は見ておりません。この記事は、かき集めた資料によるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加