レッツ・ダンス Let’s Dance

●1950.8.11 パラマウント
●日本未公開

●キャスト  役名…俳優名
ドン・エルウッド……フレッド・アステア
キティー・マクニール……ベティ・ハットン
エドモンド……ローランド・ヤング
カローラ……ルース・ワーリック
セレナ……ルシール・ワトソン
パーティの客……ベス・フラワーズフランクリン・ファーナム
警官……スタンリー・ブライストーン
コック……バート・スティーヴンズ

●ストーリー
ダンサーのドンは、パートナーのキティーを愛していて、結婚を申し込む。しかし、キティーには婚約者がおり、ドンは振られる。
やがて、キティーが結婚するため、コンビは解散。
分かれてから、6年の時がたち、ドンとキティーは、偶然再会する。
キティーは、息子を一人持つ母親になっており、夫は戦争で亡くなっていた。しかも、嫁ぎ先の家とトラブルを起こしていた。
キティーは、息子への教育方針で嫁ぎ先と争っており、ついに裁判に発展する。
ドンは、キティーとのコンビを復活させ、ぶつかり合いながらも、彼女の力になる。

●ミュージカル・ナンバー  (★はアステアのナンバー)
Can’t Stop Talking★
Piano Dance★
Jack and the Beanstalk★
Oh,Them Dudes★
Why Fight the Feeling★
The Hyacinth★
Tunnel of Love★

●その他情報
・本作は、ベティとアステアのスタイルがまったくかみ合わず、失敗作だと言われている。大抵、どんな失敗作でも「いや、私は好きですよ」というファンの一人くらいいるものだが、本作に関しては、私はそのような人には会ったことがない。
・この大失敗について、アステアは自伝の中で「この映画に何が起こったのかわからない。いつの間にか消えていた」と記している。「自分はこの映画が好きだ」ともいうのである。しかし、敗因が「二人のスタイルの違い」にあるのであれば、製作中から完璧主義者アステアには「癌がある」とわかっていたはずだ。アステアも、ジンジャー・ロジャースくらいの本音トークをしてくれればいいのに。
・「ベティとアステアのスタイルが違う」というよりは、ぶっちゃけベティはダンスは上手くない。
・ピアノ・ダンスでは、アステアのピアノ演奏が見られる。上手いうえにカッコイイ。
・「Oh,Them Dudes」は、アステアが、ウエスタンスタイルで踊るのが珍しいので、評価する人もいるが、私はアステアが女のお尻を蹴るというのが、どうも好きになれない。(ベティが、いくらダイナマイトだからといって、女に変わりあるまい)
・ベティとアステアの共通点は、「心配性」なところだけだったらしい。
・聞いた話なので、真偽は定かでないが、本作は、アステア・ファンにははなはだ不評だが、ベティのファンの評価は、それほど低くないのだそうである。(ベティがアステアよりも目立ってるからだろうか……)

●スタッフ
製作……ロバート・フェローズ
監督……ノーマン・Z・マクロード
原作……モーリス・ゾロトウ
脚色……アラン・スコット、ダーン・ラッシャー
撮影……ジョージ・バーンズ
音楽……ロバート・E・ドーラン
歌曲……フランク・レッサー
振り付け……ハーミズ・パン
衣装デザイン……イディス・ヘッド

●日本国内では、本作のビデオ、DVDの発売はなし。さすが失敗作。

アメリカ本国版のVHS。もちろん字幕なし。(DVDは、アメリカでも出ていないようだ)

 ※旧ブログ時代にこの記事にいただいたコメントはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加