1928年 ファニー・フェイス Funny Face

●1928.11.8~

●プリンセズ劇場(ロンドン)

●製作:アルフレッド・バット&リー・イフレイム、アレックス・A・アーロンズ&ヴィントン・フリードリー

●キャスト
フレッド&アデール・アステア
レスリー・ヘンソン
バーナード・クリフトン
リタ・ペイジ
シドニー・ハワード
アイリーン・ハットン
ジョン・マクナリー

●アステアのナンバー
Funny Face
High Hat
Let’s Kiss and Make Up
The Babbitt and the Bromide

●その他情報
・三回目のロンドン公演である本作も、大ヒットだった
・アデールは、この渡英の最中に、後の夫と出会っている

●スタッフ
作詞……アイラ・ガーシュイン
作曲……ジョージ・ガーシュイン
指揮者……ジュリアン・ジョーンズ

※さすがに、私はアステアの舞台は見ておりません。この記事は、かき集めた資料によるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加