踊る結婚式 You’ll Never Get Rich

●1941.9.25 コロムビア
●日本公開1948 (コロムビア提供 CMPE配給)

●キャスト
ロバート・カーチス……フレッド・アステア
シーラ……リタ・ヘイワース
マーティン・コートランド……ロバート・ベンチリー
トム……ジョン・ハバード
コートランド夫人……フリーダ・イネスコート
バートン夫人……アン・シューメイカー
クラリネット奏者……バディ・コレット
軍曹……ドナルド・マクブライド

●ストーリー
舞台監督のマーティンは、コーラスガールのシーラを口説こうと、高価なプレゼントを渡そうとする。しかし、妻にばれてしまいそうになり、「ロバートから頼まれて渡そうとした」と弁解。
コートランド夫人は、その言い訳を信じて、振付師のロバートと、シーラが良い仲だと、芸能記者に話してしまい、ゴシップ欄に載ってしまう。ロバートはシーラの怒りを買う。(マーティンに黙っていろと言われ、ロバートは本当のことを話せない)
シーラには、婚約者トムがいて、トムも怒ってロバートに詰め寄る。
トムが拳銃まで持ち出してくるので、ロバートはちょうど来ていた召集令を利用し、軍隊に逃げ込む。
その後、トムも軍隊に入ったため、面会に出向いたシーラは、そこでロバートと再会。自分のロバートへの愛に気づく。
ロバートの去った後の舞台は、人気ががた落ち。損失を取り戻そうと、マーティンは軍隊にかけあい、舞台のためにロバートを借り出す。舞台の上で結婚式の場面を演じたシーラとロバートは、本物の結婚式を挙げることを誓う。

●ミュージカル・ナンバー  (★はアステアのナンバー)
The Boogie Barcarolle★
Dream Dancing
Shootin’ the Works for Uncle Sam★
Since I Kissed My Baby Goodbye★
A-Stairable Rag★
So Near and Yet So Far★
Wedding Cake Walk★

●その他情報
・リタの父、エドゥアルド・カンシーノとアステアは、ボードビル時代の旧友だった。
・本作は、カラー撮影の可能性もあったのだが、戦況(第二次世界大戦)による予算制限で、モノクロ作品となった。
・戦争の影響で、本作はアステアの軍服シーンが多い。アステア自身は、「軍服の衣裳は好きだった」と、自伝で語っている。
・アステアが、銃を担いでステップを刻む風な行進をしたり、軍人ダンサーズを従えて踊る場面が見られる。戦況に配慮してのことと思われる。
・リタの歌は、ナン・ウィンの吹き替え。
・「Since I Kissed My Baby Goodbye」は、アカデミー賞主題歌賞にノミネートされた。

●スタッフ
製作……サミュエル・ビスコフ
監督……シドニー・ランフィールド
脚本……マイケル・フェシアアーネスト・パガーノ
撮影……フィリップ・タヌーラ
音楽……モリス・ストロフ
歌曲……コール・ポーター
振り付け……ロバート・アルトン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加