ジョン・チャールズ・トーマス John Charles Thomas

アメリカのオペラ歌手(バリトン)。(1889or1891.9.6~1960.12.13)
少年聖歌隊で歌い始め、声質の良さからプロを目指すようになった。
力強くも叙情的な歌声だったということである(聞いたことありません。でも、CDで聞けるみたいです。買ってないけど)。
アステアとの共演は、舞台アップル・ブロッサムズラヴ・レターの二回。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加