ヴィンセント・ユーマンス Vincent Youmans

アメリカの作曲家。(1898.9.27~1946.4.5 米NY生)

主にブロードウェイの舞台、ミュージカル映画のために作品を作った。
伝えられているところによれば、身なりも、生活も、とにかくかまいつけない人だったそうである。

アステアの出演作品には、舞台時代の「スマイルズ」と、映画の「空中レビュー時代」に歌曲提供している。
アステアが映画でもブレイクするきっかけとなった「キャリオカ」と、同映画から生まれたもう一つのヒット曲「月下の蘭」は、ユーマンスの作曲である。そんなにヒット曲じゃないけど、「Music Makes Me」もユーマンス作曲である。

●代表作
「二人でお茶を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加