シグマンド・ロンバーグ Sigmund Romberg

作曲家、プロデューサー。(1887.7.29~1951.11.9 ハンガリー生)
ウィーンで音楽を学び、オペレッタで世に認められたが、彼が真に名声を得たのは、ブロードウエイでの仕事である。
ロンバーグのメロディは、甘くロマンチックで、ブロードウエイによくはまった。
映画音楽も、「砂漠の歌」「ニュー・ムーン」などで手がけてはいるが、アステア映画に使われた楽曲は無い。アステアに提供した楽曲は、

舞台 1917年「Over the Top」
・Frocks and Frills 
・Where Is the Language to Tell?
・The Justine Johnstone Rag
舞台 1918年「The Passing Show of 1918」
・I Can’t Make My Feet Behave
・Squab Farm
・Bring on the Girls
・Twit, Twit, Twit
・Quick Service

以上となる。

●代表作(曲)
「恋人よ我に帰れ」
「砂漠の歌」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加