ヨランダと泥棒 Yolanda and the Thief

●1945.10.19 MGM
●日本未公開

●キャスト  役名…俳優名
ジョニー……フレッド・アステア
ヨランダ……ルシル・ブレマー
ヴィクター……フランク・モーガン
アマリラ……ミルドレッド・ナトウィック
デュエンナ……メリー・ナッシュ
天使……レオン・エイムズ
ウェイター……ジーノ・コラード
少佐……マイケル・ヴィサロフ

●ストーリー
南米の、架空の国の物語である。
ヨランダは孤児で、修道院で暮らす娘。しかし、亡くなった両親が財産家で、18歳の誕生日をむかえたときに、莫大な財産を相続することになる。
修道院を出たヨランダは、叔母の元に引き取られ、贅沢な暮らしを始めるが、彼女の本当の気持ちは、質素な修道院の暮らしを懐かしんでいた。
そこへ、二人組みの詐欺師、ジョニーとヴィクターが、ヨランダの財産目当てに登場。ジョニーは、ヨランダが信心深いのにつけこんで、「自分が君の守護天使」だと言い、ヨランダを操ろうとする。ヨランダは、ジョニーを本物の天使と思い込み、まんまとお金を騙し取られてしまう。
お金を持って逃走したものの、ジョニーは、初対面のときから、ヨランダに恋心を覚えていた。同じくヨランダも、初対面でジョニーに好意を持ったが、ジョニーを人間じゃないと思っているので、実らない恋とあきらめていた。
逃走するジョニーとヴィクターの前に、不思議な男が現れ、ジョニーに「愛か、金か」の選択を迫る。その「不思議な男」こそ、ヨランダの本当の守護天使であった。
天使の前で、自分を偽ることができず、ジョニーはヨランダとの愛を選び、ヨランダと結婚の約束をする。

●ミュージカル・ナンバー  (★はアステアのナンバー)
This Is a Day for love
Angel
Dream Ballet★
Yolanda★
Coffee Time★

●その他情報
・本作は、興行的には失敗作である。MGMの損失は、約160万ドル。
・本作は、アステアファンの間でも、極端に評価が低い。ビデオも、DVDも発売されていないので、見たことがないファンも多いのである。
・失敗の原因は、ファンタジー色の強すぎと、監督ミネリが、それにこだわりすぎたためらしい。
・「Coffee Time」は、アステア自身が「非常に難しいダンスだ」とコメントしている。しかし、私の目には(私、素人ですけど)、このナンバーは、アステアのダンスの中でも、余裕度が高いように見えるので、「群舞のダンサーたちが、とても大変だと思うよ」というふうに受け取れる。
・ルシル・ブレマーの歌は、トゥルーディ・アーウィンの吹き替え。
・アステアの演奏するハープは、ジャズ・ハープ奏者ボビー・マクスウェルの吹き替え

●スタッフ
製作……アーサー・フリード
監督……ヴィンセント・ミネリ
原案……ジャック・テリー、ルドウィク・ベーメルマンス
脚色……アーヴィング・ブレッチャー
撮影……チャールズ・ロッシャー
音楽……レニー・ヘイトン
歌曲……ハリー・ウォーレン、アーサー・フリード
振り付け……ユージン・ローリング
美術……セドリック・ギボンズジャック・マーチン・スミス
衣裳……アイリーン
カラーディレクター……ヘンリー・ジャッファ
録音……ダグラス・シアラー

 ※旧ブログ時代にこの記事にいただいたコメントはこちら 旧ブログで、もっとも多くのコメントを頂戴したのが、なぜかこの記事でした(なぜよりによってヨランダで……)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加