カッスル夫妻 The Story of vernon and Irene Castle

カッスル夫妻 《IVC BEST SELECTION》 フレッド・アステア セレクション [DVD]

●1939.3.31 RKO
●日本公開1940(RKO配給)

●キャスト  役名…俳優名
ヴァーノン・カッスル……フレッド・アステア
アイリーン・カッスル……ジンジャー・ロジャース
マギー・サツーン……エドナ・メイ・オリヴァー
ウォルター……ウォルター・ブレナン
ルウ・フィールズ……ルウ・フィールズ
フート夫人……ジャネット・ビーチャー
アウベル……エチエンヌ・ジラルドー
大佐……ラッセル・ヒックス
株式仲買人……ブルックス・ベネディクト
ホテルの支配人……ドナルド・マクブライド

●ストーリー
実在のダンスカップル、カッスル夫妻の伝記。
ヴァーノンは、ダンスの好きなアイリーンと出会い、二人で斬新な社交ダンスを考案するが、世間には認められない。
苦しい生活の中、パリに渡り、興行主に認められ、突然にスターとなる。
大成功とともに、アメリカに返り、アメリカでも人気者になる。社交ダンスをするカップルが、全員カッスル夫妻をまねて踊るほどに、カッスル・ウォーク(カッスル夫妻のダンスのスタイル)が浸透する。
しかし、ヴァーノンが第一次世界大戦に従軍し、事故死。
アイリーンは、ヴァーノンと二人で作ったダンスを守り、一人でも踊り続けることを誓う。アイリーンと、亡きヴァーノンが、二人楽しげに踊るラストシーンが感動的。

●ミュージカル・ナンバー (★はアステアのナンバー)
Oh, You Beautiful Doll
Glow-Worm
By the Beautiful Sea
Row,Row,Row
Yama Yama Man
Come,Josephine in My Flying Machine
By the Light of the Silvery Moon★
Cuddle Up a Little Closer,Love Mine
Only When You’re In My Arms★
Waiting for the Robert E.Lee★
The Darktown Strutters’ Ball
Too Much Mustard★
Rose Room★
Tres Jolie★
When They Were Dancing Around★
Little Brown Jug★
Dengozo★
You’re Here and T’m Here==Chicago==Hello,Frisco Hello==Way Down Yonder In New Orleans==Take Me Back to New York Town(メドレー)★
It’s a Long Way to Tipperary
Hello,Hello,Who’s Your Lady Friend?★
Keep the Home Fires Burning
Smiles
Destiny Waltz==Night of Gladness==Missouri Waltz(メドレー)★
Over There

●その他情報
・アイリーンは、自伝が映画化されることがあれば、ヴァーノンを演じるのはアステアに、と以前から決めていたという
・本作は、RKOのアステア&ロジャース映画の最終作。この作品で終りにすることは、あらかじめ決まっていた
・RKOが、本作が「最後のアステア&ロジャース作品」と発表すると、ファンたちの間にショックが広がった。アステアの元には、「ジンジャーとのコンビを解消したら、お前の子供を殺す」との脅迫状まで届いた
・ストーリーは、アイリーン・カッスルの自伝に、回想を加えたもの
・アイリーン・カッスル自身が衣裳を担当。当時の衣裳を再現することにこだわり、撮影にもうるさく口を出したので、監督はじめスタッフは手を焼いた
・ジンジャーは、後年のインタヴューで「衣裳に口を出す気持ちは分かるが、怒り出したアイリーンと一緒に仕事をするのはつらかった」と証言している
・アイリーンのために、撮影が難航していたが、撮影の途中で、アイリーンは政治キャンペーンに夢中になり、撮影現場に来なくなった。スタッフは大いにホッとしたそうな
・完成した映画を、アイリーンは気に入ったらしい(散々文句を言ったくせに)
・楽曲は、1曲を除いて、実際にカッスル夫妻が活躍した頃のナンバーを使用
・アステア&ロジャース映画のラストとしては、唯一の「死別」である
・実在のダンサーの生涯をなぞっているので、アステアのあまりに独創的なステップは、本作では封印されている
・アイリーン・カッスルは、「アイリーン・ボブ」というヘアスタイルを流行させた。したがって、ジンジャーもボブで撮影してしかるべきだったが、長い髪で撮影している。これは、ジンジャーが「風と共に去りぬ」のオーディションを受けるために、髪を切れなかったためである
・アステアは、実際にカッスル夫妻の舞台を子供の頃に見て、尊敬していた。アステア姉弟コンビは、カッスル夫妻のステップを参考にし、アレンジして取り入れることもあった

●スタッフ
製作……パンドロ・S・バーマン
アソシエイト・プロデューサー……ジョージ・ヘイト
監督……ヘンリー・C・ポッター
助監督……アーガイル・ネルソン
原作……アイリーン・カッスル
台本……オスカー・ハマースタインⅡドロシー・ヨースト
脚本……リチャード・シャーマン
撮影……ロバート・デ・グラス
特殊撮影……ヴァーノン・ウォーカー
美術……ヴァン・ネスト・ポルグラス
音楽……ヴィクター・バラヴォール
振り付け……ハーミズ・パン
メイク……メル・バーンズ
録音係……リチャード・ヴァン・ヘッセン
スチール……ジョン・ミール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加