1921年 ラヴ・レター The Love Letter

●1921.10.4~1921.10.29
●グローブ劇場(NY)
●上演数:31

●作詞
ウィリアム・ルバロン

●作曲
ヴィクター・ジャコビ

●音楽監督
ウィリアム・デイリー

●振付
エドワード・ロイス

●キャスト
ジョン・チャールズ・トーマス
キャロリン・トムソン
アリス・ブラディー
マージョリー・ゲイトソン
フレッド&アデール・アステア

●アステアのナンバー
I’ll Say I Love You
Upside Down
Dreaming

●その他情報
・ショウとしてはあまりヒットしなかった(興行期間は、一ヶ月に満たなかった)。フェラン・モルナールの「ザ・ファントム・ライヴァル」を下敷きにした脚本の力不足のせいらしい
・しかし、アステア姉弟には良い批評が集まり、人気も上がった
・このショウで、アステア姉弟は初の「ラン・アラウンド」を披露した(ラン・アラウンドは、アステア姉弟が大当たりを取ったダンス。ダンスというか、ただ走ってるだけみたいだけど。映画では、「踊る騎士」でしか披露されていない。アステアの評伝「アステア ザ・ダンサー」では、「プカプカドン」と表現されている。なぜなら、音楽が「プッカプッカプッカプッカ」というリズムになるからである)

※さすがに、私はアステアの舞台は見ておりません。この記事は、かき集めた資料によるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加