ニューヨーク美人 The Belle of New York

Ost: Belle of New York

●1952.2.28 MGM
●日本未公開

●キャスト  役名……俳優名
チャールズ・ヒル……フレッド・アステア
アンジェラ・ボンフィールズ……ヴェラ・エレン
レティ……マージョリー・メイン
マックス・フェリス……キーナン・ウィン
エルシー・ウィルキンズ……アリス・ピアース
ギルフォード・スピヴァク……クリントン・サンドバーグ
ディクシー・マッコイ……ゲイル・ロビンス

●ストーリー
アンジェラは、下町で評判の美人。宣教団体に入り、福祉活動を行っている。
チャールズは、大金持ちのヒル夫人の甥。超プレイボーイで、誰でも口説く。しかし、女優のディキシーと結婚することになり、独身最後のパーティーを開く。
パーティーで、アンジェラに会ったチャールズは、その清純な美しさに、一目ぼれ。ディキシーと結婚することも忘れ、プロポーズしてしまう。
清純なアンジェラが、婚約しているチャールズとの結婚を受けるわけが無く、チャールズの悲恋に終わるかと思いきや、ディキシーとの結婚を良く思っていなかったヒル夫人の協力で、チャールズはアンジェラと結ばれる。

●ミュージカル・ナンバー  (★はアステアのナンバー)
When I’m Out with the Belle of New York★
Bachelor Dinner Song★
Let a Little Love Come
Seeing’s Believing★
Baby Doll★
Oops★
A Bride’s Wedding Day Song★
Naughty but Nice
I Wanna Be a Dancin’ Man★

●その他情報
・本作は、1946年より存在していた企画だが、アステアが「脚本がつまらない」との理由で断り続け、1952年にやっと製作された。
・最初の企画では、アステア&ガーランドでやるつもりだったらしい。
・本作は、興行的には失敗作である。大きな敗因の一つは、やはり脚本のつまらなさにあったらしい。
・本作は、映画評や、その他どんな資料を見ても、大抵ケチョンケチョンに酷評されている。(もっともケチョンケチョンなものの一つに、「アステア自伝」が含まれる)しかし、「ザッツ・エンタテインメイト2」「ザッツ・エンタテインメント3」で、「I Wanna Be a Dancin’ Man」を見たファンには、「このナンバーが、アステアのダンスとしても特にすばらしい」との声が大きいのである。ダンスのデキと、映画のデキが、正比例しないことの証明である。
・「I Wanna Be a Dancin’ Man」は、一度OKテイクとなった撮影が、衣裳NGで撮り直されている。この事実は、「ザッツ・エンタテインメント3」でNG画像と共に紹介されたために有名になった。衣裳NGというと、「アステア本人のおしゃれ心が満足せず、NGにさせたのではないか?」と思ってしまうが、この衣裳NGは製作側の(多分、監督の)判断であった。

●スタッフ
製作……アーサー・フリード
監督……チャールズ・ウォルターズ
原作……ヒュー・モートン、グスタフ・カーター
脚本……チェスター・アースキン
撮影……ロバート・プランク
美術……セドリック・ギボンズジャック・マーチン・スミス
音楽監督……アドルフ・ドイッチ
歌曲……ジョニー・マーサー、ハリー・ウォーレン
振り付け……ロバート・アルトン
ヘア・スタイリスト……シドニー・ギラロフ
録音……ダグラス・シアラー

 ※旧ブログ時代にこの記事にいただいたコメントはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加