1923年 ストップ・フラーティング Stop Flirting

(1922年のフォー・グッドネス・セイクの改題版)

●1923.5.30~
●シャフツベリー劇場(ロンドン)総公演数418回

●製作:アレックス・A・アーロンズ

●作詞
アーサー・ジャクスン

●作曲
ウィリアム・デイリー
ポール・ランニン

●キャスト
フレッド&アデール・アステア
ジャック・メルフォード
ミミ・クロフォード
マージョリー・ゴードン
ヘンリイ・ケンダル

●アステアのナンバー
All to Myself
I’ll Build a Stairway to Paradise(作曲:ジョージ・ガーシュイン
Oh, Gee, Oh Gosh(作詞:アーサー・フランシス)
It’s Great to Be in Love
The Whichness of the Whatness

●その他情報
・本作は、フォー・グッドネス・セイクを、英国人受けするように多少のアレンジを加えたもの。演者も現地調達している
・イギリスの批評は、各誌大絶賛だった
・公演の評判があまりにも良いので、プリンス・オブ・ウエールズはじめ、貴族たちが劇場に日参した
・この公園のための渡英中に、アステアはジャック・ブキャナンの舞台を見ている
・本作の公演中に、アステア姉弟の父が亡くなった
・ブロードウエイで大人気だった「ラン・アラウンド」は、ロンドン子にも大受けだった。(実際の舞台を見ていない人間からすると、正直ラン・アラウンドは、「そんなにいい?」と思わずにはいられない。アステアいわく、ラン・アラウンドは、ひとえにアデールのセンスによって成り立っているものだそうだ)

※さすがに、私はアステアの舞台は見ておりません。この記事は、かき集めた資料によるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加