ボードビル時代:ア・レイニーサタデー

●ア・レイニーサタデー
内容は、「雨の降る土曜日、野球のゲームに行けなくなった兄が、妹の”プロポーズ&結婚ごっこ”に付き合う」というもの。

・1912.2.19  NY プロクターズ・5thアベヴュー劇場 (一週間の契約だったが、マチネーにかけた演技が客に受けず、一日で降板させられた)
・1912.4  ペンシルバニア州フィラデルフィア William Penn Theatre
・1912.7.15~20  ブリントン・ビーチ
・1912  ニュージャージー州 Monticello Theatre
・1912  ニュージャージー州ユニオンヒル Hudson Theatre
・1912  オルフェウム劇場(ツアー)
・1912.9.30~10.4  カナダ:マニトバ州ウィニペグ
・1912.10.11~16  カナダ:アルバータ州カルガリー
・1912.10  オレゴン州ポートランド
・1912.10  ワシントン州スポーケン
・1912.11.4~9  ワシントン州シアトル
・1912.11.11~16  カリフォルニア州サクラメント
・1912.11.18~23  カリフォルニア州オークランド
・1912.12.1~6  ユタ州ソルトレイクシティ
・1912.12.17~22  ネブラスカ州リンカーン
・1912.12.25~30  ネブラスカ州オマハ
・1913.1.4~9  アイオワ州スーシティ
・1913.3.18~22  コネチカット州ハートフォード Poli’s Theatre
・1913.4.8~13  コネチカット州ニューヘブン Poli’s Theatre
・1913.4.23~28  ペンシルバニア州スクラントン Poli’s Theatre
・1913.8.10~5  カリフォルニア州サンフランシスコ B.F. Keith’s Union Square Theatre

●この時代のアデール&フレッドは前座が多く、犬の曲芸と同列だったこともある。後年、アステアは「イースター・パレード」で、「自分たちが受けないダンスをした次のステージで、犬芸が受けているのを見て、『犬でもできるか……』とつぶやくダンサー」の演技をしている。

●ナンバー構成:ネッド・ウェイバーン(ウェイバーンのギャラ=1000ドル)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加