ハロルド・アタリッジ Harold Atteridge

作詞家。(1886.7.9~1938.1.15 イリノイ州生)

大学を卒業後、シカゴで作詞家として音楽出版社に就職したところ、プロデューサーに才能を高く評価され、ショービズの世界に入ることを決意して、ニューヨークに出ることになる。

ニューヨークでは、シューバート兄弟のもと、作詞家、脚本家、脚色家として、多くのミュージカルに携わった。
コンビを組むことが多かった作曲家は、ジーン・シュワルツ、シグマンド・ロンバーグなど。

アステアの舞台1918年「The Passing Show of 1918」の歌詞を書いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加