アン・アウステルリッツ Ann Austerlitz

アステアの母親。旧姓ゲリアス。
オマハでフレデリック・アウステルリッツ(アステアの父)と出会い、数ヵ月後に結婚した。

1904年、アデールのダンスの才能を知り、より専門的なレッスンをアステア姉弟に受けさせるために、夫を西部に残して、二人の子供とともにNYに拠点を移した。
二人の才能を開花させることに固い決意を持ち、熱心な舞台教育によって、姉弟をステージデビューに導いた。
デビュー後は、実質のマネージャーとなって姉弟を支え続けた。アンは教師の資格を持っており、定まった場所の学校に通えない子供たちに、自分で学問を教えた。

NYに移った時点から、15年余りも夫と別居状態になってしまい(夫は、家族の生活費を稼ぐために西部に残った)、しかも、晴れて夫が東部に移ってきたときには、夫は癌を患っており、同居開始後、3年ほどで他界してしまった。

アン自身は96歳まで生きた。子供たちを誇りとし、子供たちに愛された母親だった。
晩年まで、アステアのことは「サニー」と呼んでいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加