渚にて On the Beach

映画プレミアパンフレット 「渚にて(A4/大阪版)」 監督 スタンリー・クレイマー 出演 グレゴリー・ペック/エヴァ・ガードナー/フレッド・アステア/アンソニー・パーキンス/ドナ・アンダースン/ジョン・テイト/ローラ・ブルックス/ガイ・ドールマン/ジョン・メイロン/ハープ・マクガイア

●1959.12.2 スタンリー・クレイマー・プロ
●日本公開1959(ユナイト)

●キャスト  役名…俳優名
ジュリアン・オズボーン……フレッド・アステア
ドワイト・タワーズ……グレゴリー・ペック
モイラ・デビッドソン……エヴァ・ガードナー
ピーター・ホームズ……アンソニー・パーキンス
メアリー・ホームズ……ドナ・アンダーソン
ビル・デビッドソン……ルー・ヴァーノン
ジェニファー・ホームズ……キャサリン・ヒル

●ストーリー
1964年、第三次世界大戦の原水爆戦により、地球に放射能汚染が広がりつつあった。タワーズ艦長の原子力潜水艦ソーフィッシュは、放射能から逃れて、オーストラリアへ。しかし、オーストラリアにも、放射能は迫り、町が次々に死滅していく。首都メルボルンでは、ついに人々に自殺用の薬が支給される。
ソーフィッシュは、アメリカに向かうことが決定し、死の海に向かって出航していく。

●その他情報
・アステア初の「ダンスなし」の映画である。
・監督クレイマーは、オズボーン役を、アレック・ギネスかラルフ・リチャードソンがふさわしいと考えていた。しかし、彼の妻が、ある日アステアのミュージカルをTVで見て、オズボーン役にアステアはどうかと提案。一緒にTV画面を覗き込んだクレイマーは、アステアに打診することを決めた。
・撮影は、すべてオーストラリアでロケ。アステアは、オーストラリアでは、米や、英、仏ほどの知名度が無かったようで、人々に注目されずに外出できるのを楽しんでいたという。
・「街中で気づかれない」からと言って、アステア人気が無かったわけではなく、撮影に使った空母で、軍向けの船上レセプションを行うと、「アステアと踊れる!」と、大喜びした将校夫人たちが列をなし、その数400人超。アステアは、人数を知らされて愕然とし、かなり行きたくなかったらしいが、それでもちゃんと出席してファンサービスした。
・オズボーンの、アル中の演技のために、アステアは、本当にバーボンを2~3杯飲んで演技した。
・本作では、フェラーリをぶっ飛ばし、カーレースで優勝するアステアを見ることができる。
・フェラーリを飛ばすアステアを正面からとらえた映像は、もちろん合成である。ちょっと、「コンチネンタル」のカーチェイスを髣髴とさせる合成画面である。
・和田誠氏は、自身の著書で、「踊らないアステアなんて、という思いで『渚にて』を見たが、大した性格俳優ぶりで驚いた」という主旨の文を書いている。実は、私も本作を未見の頃は、見るのがちょっと怖かったのだが(「タワーリング・インフェルノ」は、アステアの評価が高いので、このような思いはなかった)前述のように和田さんが書いているのを見つけ、安心してビデオを借りた覚えがある。

●スタッフ
製作・監督……スタンリー・クレイマー
原作……ネヴィル・シュート
脚本……ジョン・パクストン
撮影……ジュゼッペ・ロトゥンノ
音楽……アーネスト・ゴールド
美術……フェルナンド・キャリー
フイルム編集……フレデリック・ナッドストン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加