大浦 みずき Mizuki Ooura

大浦みずきファーストコンサート 1993年公演大型パンフレット・:稽古場写真有り

女優、歌手、ダンサー。(1956.8.29~2009.11.14 日本)
作家の阪田寛夫の娘。元宝塚歌劇団の男役トップスター。肺がんにより、53歳の若さで亡くなった。
特にダンスの技量に優れ、「宝塚のフレッド・アステア」と呼ばれた。

私は、宝塚には興味が無いのだが、あるとき「宝塚のフレッド・アステア」のフレーズが私のアステア・レーダーに引っかかってきたので、みずき氏の存在は知っていた。そして、ほんの何回か、「みずき氏のステージを見てみるのも面白いかも」と思ったこともある。それは、「宝塚のフレッド・アステア」という呼び名が、単なる飛びぬけてダンスがうまいタカラジェンヌという意味ではなく、アステアを髣髴とさせるダンサーの意味で使われているようだったからである。
しかし、私はみずき氏のステージをついに一度も見なかった。(アステアを求めて、みずき氏のステージを見るのでは、多分がっかりしに行くことになったろう)
みずき氏本人が、アステアを好きだったのかどうか、私は知らない。もちろん、ダンサーとしては興味を持ってアステアを見られたことだろう。もしかしたら、男役として、アステアの所作を研究したこともあったかもしれない。

私が気になって仕方ないのは、小林町子氏が、「舞台のみずきさんは、アステアの少年時代の写真によく似ている」と言っていることである。所属事務所のプロフィールのページのポートレートを見ても、分かるような分からないような感じである。顔のつくりのことではなく、雰囲気が似ているということなのだろうか。

※旧ブログ時代にこの記事にいただいたコメントはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加