強奪超特急 Midas Run

●1969.5.15 S・J・セリッグマン・プロ
●日本公開1971(松竹映配)

●キャスト  役名…俳優名
ペドリー……フレッド・アステア
ウォーデン……リチャード・クレンナ
シルヴィア……アン・ヘイウッド
ウィスター……ロディー・マクドウォール
ヘンショウ……ラルフ・リチャードソン

●ストーリー
軍事学者ウォーデンは、大学をクビになり、イギリスにいる友人のペドリーを頼ってロンドンに渡る。
ペドリーは、ウォーデンの理論を出版できるよう、計らってくれるが、出版社はすぐには本を出してくれない。
ウォーデンは、偶然知り合ったシルヴィアに、金儲けの話を持ちかけられ、ペドリーも巻き込んで、金塊を強奪に加担することになってしまう。
金塊の輸送機が、空港を飛び立つと、輸送の指揮者として、なんとペドリーが機内にいる。ペドリーは、実はイギリス情報部の部長だった! どんな検問、追跡も、ペドリーの指揮で行われるので、金塊は、見事に網をすり抜け、三人は大金を手に入れる。

●その他情報
・アステアが、スパイ組織のえらい人には、全然見えない。
・でもかっこいい。
フレッド・ジュニアが、チョイ役で出演している。

●スタッフ
製作……レイモンド・ストロス
監督……アルフ・チェリーン
製作総指揮……セリッグ・J・セリッグマン
原案……バーン・ギラー
脚本……ジェームズ・ブキャナン、ロナルド・オースティン
撮影……ケン・ヒギンズ
音楽……エルマー・バーンスタイン
編集……フレドリック・スタインカンプ

●本作は、現状では、国内でビデオ、DVDの発売はされていません。(2010年現在)

※旧ブログ時代にこの記事にいただいたコメントはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加