1924年 レディー・ビー・グッド Lady Be Good

●1924.12.1~1925.9.12

●リバティ劇場
●上演数 330

●製作:アレックス・A・アーロンズ&ヴィントン・フリードリー
●脚本:ガイ・ボルトンフレッド・トンプスン
●作詞:アイラ・ガーシュイン
●作曲:ジョージ・ガーシュイン

●キャスト
フレッド&アデール・アステア
ウォルター・カトレット
アラン・エドワード
クリフ・エドワード
ジェラルド・オリバー・スミス
キャスリーン・マーティン

●アステアのナンバー
Hang on to Me
So Am I
Fascinating Rhythm
The Half of It Dearie Blues
Swiss Miss(歌詞:アーサー・ジャクソン&アイラ・ガーシュイン)

●その他情報
・アステア姉弟は、ショウの中でも姉弟を演じた
・本作は、大ヒット作となり、各誌はアステア姉弟を高く評価した
・本作は、ガーシュイン兄弟の最初のブロードウエイ作品
・ブロードウエイでの大ヒットを受け、本作もフォー・グッドネス・セイクと同様にロンドン公演が行われた

※さすがに、私はアステアの舞台は見ておりません。この記事は、かき集めた資料によるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加