ガス・カーン Gus Kahn

アメリカの作詞家。(1886.11.6~1941.10.8 独生)
ドイツ系ユダヤ人。5歳で渡米し、シカゴで育った。

アステア作品には、「空中レビュー時代」に楽曲提供している。あの「キャリオカ」は、カーンとエリスキュの共同作詞である。「Music Makes Me”」「Orchids in the Moonlight」「Flying Down to Rio」もカーンの作詞である。

●代表作
「夢から醒めて」
「アイム・スルー・ウィズ・ラブ」
「メイキン・ウピー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加