1922年 フォー・グッドネス・セイク For Goodness Sake

●1922.2.21~1922~5.20
●リリック劇場(NY)
●上演数:103(猛暑のために、早めの終演となった)

●製作:アレックス・A・アーロンズ

●作詞
アーサー・ジャクスン

●作曲
ウィリアム・デイリー
ポール・ランニン

●音楽監督
ウィリアム・デイリー

●キャスト
ジョン・E・ハザード
マージョリー・ゲイトソン
チャールズ・ジュデルズ
ヴィントン・フリードリー
ヘレン・フォード
フレッド&アデール・アステア

●アステアのナンバー
All to Myself
When You’re in Rome
Oh, Gee, Oh Gosh(作詞:アーサー・フランシス)
The French Pastry Walk(作詞:アーサー・フランシス&アーサー・ジャクスン)
The Whichness of the Whatness

●その他情報
・アステア姉弟の、ブロードウエイ初の「台詞ありの役」である
・この作より、アステアは振り付けに参加し始める
・The Whichness of the Whatnessのナンバーで、前作ラヴ・レターで、あまりにも大人気を取ったラン・アラウンドを再び取り入れた

※さすがに、私はアステアの舞台は見ておりません。この記事は、かき集めた資料によるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加