エレノア・パウエル Eleanor Powell

ダンサー、女優。(1912.11.21~1982.2.11 米マサチューセッツ州生)
わかりやすく言うと、「女アステア」みたいな人。
踊れるばかりか、美人でスタイル抜群。デビューはブロードウエイだが、後にハリウッドに招かれた。

エレノアの魅力は、美形の容姿で、笑顔で繰り出すド迫力級のステップである。
「ロザリー」のダンスなどは、ほとんどアクロバットの領域であり、ほかの有名ミュージカル女優で、エレノアほど踊れる人は、ちょっと思いつかない。エレノアは、多分、非常に身体能力が高い人なのだと思われる。
しかも、どんなパワフル系のダンスを踊っても、あくまでも「淑女」である。タキシードにシルクハットで踊られると、もうたまらんのである。(筆者は女ですが、それでもたまらん!)

これほどの技術と容姿を持っていたにしては、エレノアがミュージカル映画で活躍した時期は短い。1935年くらいから、1945年くらいが、彼女の全盛期である。
1944年に結婚していることが、関係しているとすれば、ファンは亭主に文句を言いたいところだ。

アステアとの共演は、「踊るニューヨーク」の一作のみ。「踊るニューヨーク」では、設定上「二流ダンサー(アステア)が、人気ダンサー(エレノア)に憧れる」という組み合わせになっている。役の上とはいえ、アステアが、「憧れの踊り手!」と言ってファンが納得できる女性ダンサーは、実際にエレノアくらいであろう。
エレノアのタップの正確さには、アステアも一目置いており、女相手に勝負に出るアステアなど、エレノアとの「ビギン・ザ・ビギン」以外では、お目にかかれないシロモノだ。

アステアは、ダンサー人生で、「本気出して踊れる女性パートナー」はほんの僅かだったといわれる。しかし、エレノアをはじめ、「ほんの僅か」であれ、数人は存在したのである。
では、エレノアはどうだろうか? エレノアが本気で踊れる男性のダンサーは、フレッド以外に、はたして存在したのだろうか。

●代表作
「ロザリー」Rosalie
「踊るアメリカ艦隊」Born to Dance

  • このエントリーをはてなブックマークに追加