エドワード・エリスキュ Edward Eliscu

アメリカの作詞家。(1902.4.26~1998.6.18 米NY生)
ブロードウエイの役者からスタートし、ソングライターとなる。脚本・脚色を手がけることもあったが、最もすぐれた功績を残したのは作詞業である。
アステア映画では、「空中レビュー時代」に、楽曲提供している。エリスキュの作詞は「 Music Makes Me」「The Carioca」「Flying Down to Rio」。

●代表作
「可愛いオディ」
「裏町6人組」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加