チーク・トゥ・チーク Cheek to Cheek

映画「トップ・ハット」のために作られた曲。
作詞・作曲ともにアーヴィング・バーリン
昔は邦題「頬をよせて」と呼ばれていたものだが、最近は「チーク・トゥ・チーク」でいいらしい。
スタンダードの中のスタンダードになってしまい、あらゆる歌手が歌っているので、多くの人は、いまやアステアが創唱したことを知らないようだ。

映画の中で、アステアとジンジャー・ロジャースがこのナンバーの撮影をした際に、有名な「羽事件」が起こった。(詳細はコチラ→トップ・ハット
羽事件の元凶になった、ジンジャーの衣裳は、ドレス全体に、白い羽根をたっぷりつけたもの。ジンジャーいわく、「この衣裳は、私とデザイナーしか気に入らなかった」とのこと。
ジンジャーの体の動きに合わせて、羽根も一緒に動いてくるのが優雅であるが、なにやらモワモワすぎるような気がしないでもない。

この曲、メロディが非常に優雅である。
しかし、優雅でありながらドラマティックで、踊るアステアとジンジャーのステップは、アクロバティックともいえる激しいものである。
プロのダンサーのステップでも、素人にも、ちょっと真似できるものというのはあって、普通は、優雅な曲ほど「真似可能度」は高いのであるが、Cheek to Cheekは諦めたほうがいい。見るだけにしましょう。

歌詞の内容は、「二人で頬をよせて踊っていると、ヘブンにいるみたいだ」というもの。ストーリーの中では、この曲を踊って、アステアは「デイル(ジンジャーの役)に愛されている」という確信を得る。

初めて、バーリンにこの曲を聞かされたアステアは、キーが高すぎることを心配したという。多分、ここまでのスタンダードに成長するとは、歌う本人は予想していなかったろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加