気儘時代 Carefree

気まま時代 《IVC BEST SELECTION》 フレッド・アステア セレクション [DVD]

●1938.8.30 RKO
●日本公開1939(RKO配給)

●キャスト  役名…俳優名
トニー・フラッグ……フレッド・アステア
アマンダ・クーパー……ジンジャー・ロジャース
スティーヴン・アーデン……ラルフ・ベラミー
コーラ……ルエラ・ギア
ジョー・トラバース判事……クラレンス・コルブ
トム・コナーズ……ジャック・カースン
ラジオ番組のスポンサー……ハリー・A・ベイリー
トラック運転手……ジャームズ・P・バーティス

●ストーリー
スティーヴンは、恋人のアマンダが、まったく自分と結婚する気にならないために、友人の精神分析医トニーに相談する。
トニーが、アマンダの人となりを知ろうと、アマンダに会うと、彼女はトニーに恋してしまう。アマンダに気持ちを打ち明けられたトニーは、アマンダに好意を感じているのに、スティーヴンを裏切ることができず、アマンダに「スティヴンを愛してる。トニーを憎んでいる」と思うように催眠術をかける。
アマンダに嫌われたトニーは、忘れようとするが、鏡の中に現れた「自分の深層心理」に諭され、アマンダを再度自分に振り向かせようとする。
催眠術を解くには、やはりアマンダを催眠状態にしなければならないのに、スティーヴンに邪魔されて、機会が作れないまま、ついにスティーヴンとアマンダの結婚式当日になってしまう。
トニーは式場に忍び込み、催眠術を手っ取り早く解く方法として、アマンダを一発ぶん殴ろうとする。しかし、アマンダの美しい顔を見て「だめだ、殴れない」と拳を下ろしてしまう。
そこへ、トニーの侵入を知ったスティーヴンが来て、トニーを殴ろうとし、誤ってアマンダにパンチ! 我に返ったアマンダは、トニーと腕を組んで結婚式に臨む。

●ミュージカル・ナンバー (★はアステアのナンバー)
Since They Turned Loch Lomond Into Swing★
The Night Is Filled with Music
I Used to Be Color Blind★
The Yam★
Change Partners★

●その他情報
・「Since They Turned Loch Lomond Into Swing」では、アステアのハーモニカ演奏が楽しめる。さすが、ボードヴィリアン出身の芸達者ぶりである
・本作は、一部のダンスシーン(多分、I Used to Be Color Blindの幻想のシーン)にカラーを使う計画があったが、残念ながらかなわなかった
・本作には、アステア&ロジャース初のキスシーンがある。「気儘時代」以前の作品では、手にキスするようなことはあっても、唇にキスはなかった。これは、アステアの妻、フィリスが、夫のキスシーンを嫌ったためというのが定説である。が、アステアは自伝でこのことを否定している
・初キッスシーンは、スローモーションでなが~いキスをするのだが(「I Used to Be Color Blind」のラスト)、現代人の目から見ると、美やロマンは感じても、あまりエロスを感じるような映像ではない。しかし、興行的には、キスはいい宣伝になったらしい。ちなみに、キスを提案したのは、アステア本人である
・「The Yam」は、アステアが歌詞を気に入らず、歌唱を拒否したという噂がある。(だから、ジンジャーのソロなのだ、という論法である)しかし、アステアの歌う「The Yam」を収録したCDは存在するので、私は「違うんじゃないかなあ」と思っている。
・本作には、カットされた「フラッグ先生の精神分析シーン」がある。患者役は、エキストラ級の女優、グレイス・ヘイル。グレイスにとっては、たった一度のアステア映画出演のチャンスであった
・1938年第11回アカデミー賞:作曲・編曲賞にノミネート、歌曲賞にノミネート、室内装飾賞ノミネート
・「Change Partners」は、アカデミー主題歌賞部門の候補作となった
・本作は、最終的に68000ドルの赤字となった。アステア&ロジャース映画の、初赤字であった

●スタッフ
製作……パンドロ・S・バーマン
監督……マーク・サンドリッチ
助監督……アーガイル・ネルソン
原案……マリアン・エインスリーガイ・エンドール
原作……ダドリー・ニコルズヘイガー・ワイルド
脚本……アラン・スコットアーネスト・パガーノ
撮影……ロバート・デ・グラス
特殊撮影……ヴァーノン・ウォーカー
音楽……ヴィクター・バラヴォール
歌曲……アーヴィング・バーリン
振り付け……ハーミズ・パン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加