ブルー・スカイ Blue Skies

●1946.9.26 パラマウント
●日本公開1955(パラマウント配給)

●キャスト  役名…俳優名
ジェド・ポッター……フレッド・アステア
ジョニー……ビング・クロスビー
メアリー・オハラ……ジョーン・コールフィールド
ニタ・ノヴァ……オルガ・サン・ファン
トニー……ビリー・デ・ウルフ
マック……フランク・フェイレン
マーサ……ヴィクトリア・ホーン
ショーガール……マーガレット・フィールド
ナイトクラブの客……サム・ハリス

●ストーリー
ブロードウェイの花形ダンサー、ジェドは、踊り子のメアリーに、密かにほれていた。
ある夜、ジェドはメアリーを友人ジョニーの経営するナイトクラブに誘い、「次のダンスの相手役になってほしい」と言う。
旅公演の先約があったメアリーは、一旦は相手役を断ったが、実はジェドに紹介されたジョニーに一目ぼれしており、NYに残りたいがために、相手役をOKする。そして、ジェドとメアリーのショーは大当たり。メアリーは、一躍スターとなる。
メアリーは、ジョニーに秘めた愛を告白し、二人は結婚。
しかし、ジョニーは、元々性格的にいいかげんなところがあり、「真面目に商売する」とメアリーに約束したのに、何度も店の経営を中途半端にしては手放してしまう。愛想をつかしたメアリーは、子供をつれてジョニーと別居し、舞台に復帰して、ジェドと結婚を約束する。
ジェドとメアリーの婚約のニュースが流れると、ジョニーは姿を消す。それを知ったメアリーが悲しむのを見て、ジェドはメアリーの心が、ジョニーを愛し続けていることを知る。
婚約を解消し、自棄になったジェドは、酒浸りの毎日を送り、足を骨折して、二度と舞台に立てなくなる。
ジェドは、やがてラジオの人気アナウンサーとして復帰し、以上の物語をラジオの生放送で話す。
放送を聴いて、スタジオに駆けつけたジョニーとメアリーが再開。ジェドは、愛し合う二人を祝福する。

●ミュージカル・ナンバー  (★はアステアのナンバー)
A Pretty Girl Is Like a Melody★
I’ve Got My Captain Working for Me Now
You’d Be Surorised
All By Myself
Serenade to an Old Fashioned Girl
Puttin’ On the Ritz★
I’ll See You in CUBA
A Couple of Song and Dance Men★
You Keep Coming Back Like a Song
Always
Blue Skies
The Little Things In life
Russian Lullaby
Everybody Step
How Deep Is the Ocean
Getting Nowhere
Heat Wave★
Any Bonds Today?
This Is the Army,Mr.Jones
White Christmas
Tell Me Little Gypsy
Nobody Knouws
Mandy
Some Sunny Day
When You Walked Out
Because I Love You
How Many Times?
Lazy
The Song Is Ended

●その他情報
・本作で、アステアは引退すると表明したため、「フレッド・アステアのラスト・ダンス」として、世界的な宣伝活動が行われた。
・アステアは、「ヨランダと泥棒」「ジーグフェルド・フォーリーズ」と、興行上の失敗が続いたため、ダンサー稼業を引退する潮時だと考えた。ただし、失敗作続きのまま引退することはプライドが許さず、大成功で引退したいと考えた。フレッドは、「クラーク・ゲーブルジョーン・クロフォードの映画でデビューし、ビング・クロスビーの映画で最後の花道を飾るのもいいだろう」と考えたと、自伝の中で語っている。
・アステアが引退を考えた理由には、「45歳にもなり、体力的に限界だろう」との思いも大きかった。
・「Puttin’ On the Ritz」のアステアのダンスは、「アステアのベストダンス」に選ぶ人も多い、名作中の名作。中央に、ソロでメインダンスを踊るアステアの後ろに、8人のアステアが並んでバックをつとめる合成映像である。一回踊ったフィルムから、8人分の映像を作ればいいものを、フレッドは「コピーなど論外」と主張して、ちゃんと8回分踊って撮影した。「コピーいやだ」と言って撮ったわりに、アステアがあまりにも完璧に「同じダンス」を踊るので、出来上がった映像は、普通の人になら「コピーだな」と見える。もしも、このダンスを未見の方は、一刻も早くご覧になることをおすすめします。「ミュージカル映画史上最強のダンスチーム」のダンスですよ!
・「Puttin’ On the Ritz」では、「アステアの手から離れたステッキが、ひとりでに手に帰ってくる」場面がある。ステッキが自分の意思でアステアの手に飛んでくるわけはないので、長年どんなトリックなのだろうと思っていたら、単純に床に仕掛けがあって、ステッキをはじき返しているだけだとある筋から教えてもらった。(ある筋の言うことが、本当かどうかは保障しません)
・アステアは、本作のラストテイクを撮り終わった後、鬘をステージに投げつけて踏み、「もう、二度と被らない!」と叫んだ。
・アステアの引退表明に、世間は驚き、「やめないで欲しい」との手紙が殺到した。

●スタッフ
製作……ソル・C・シーゲル
監督……スチュアート・ヘイスラー
原案・歌曲……アーヴィング・バーリン
脚本……アーサー・シークマン
脚色……アラン・スコット
撮影……チャールズ・ラング・ジュニアウィリアム・スナイダー
音楽……ロバート・E・ドーラン
振り付け……ハーミズ・パン、デイヴィッド・ロヴェル
美術……ハル・ペレイラ
衣装デザイン……イディス・ヘッド

 ※旧ブログ時代にこの記事にいただいたコメントはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加