ベティ・ハットン Betty Hutton

アメリカの女優、歌手。(1921.2.26~2007.3.11 米ミシガン州生)
15歳から、ラジオで歌手デビュー。若くしてのデビューは、父親の去った家庭の収入を助けるためだった。その後、ブロードウエイを経て、映画にも進出。パワフルな演技に付けられた愛称は「爆弾娘」。
アステアとの映画共演は、「レッツ・ダンス」のみ。映画以外では、太平洋戦争中のハリウッド巡業基金に同行している。

ベティの、映画界からの引退は早く、最後の作品は1957年である。その後TV界に移ったが、なぜかTVでは大衆に愛されなかったらしく(強烈すぎたのだろうか?)、徐々に過去の人になってしまった。

●代表作
「アニーよ銃を取れ」
「地上最大のショウ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加