ベティ・グレイブル Betty Grable

女優、歌手。(1916.12.18~1973.7.2 米ミズーリ州生)
「娘をスターにする」との強い意向を持った母に、歌・ダンスのレッスンを幼少時から受けさせられた。
3歳からダンススクールに入り、タップとバレエを勉強した。

17歳で歌手デビュー。その後、ミュージカル映画や、喜劇映画に出演。お色気のあるミュージカル女優として人気を集める。
脚線美が素晴らしく、第二次大戦中の若いアメリカ兵のアイドルだった。20世紀フォックスでは、ロイズで彼女の足に100万ドルの保険をかけていた。
ニール・セダカの曲、「ベティ・グレイブル」は、もちろんベティを歌った曲である。

生涯で2回結婚しており、一人はジャッキー・クーガン(チャップリンの「キッド」!)、一人はバンドリーダーのハリー・ジェイムズである。
俳優のジョージ・ラフトとも、恋人関係にあったらしい。

アステアとは、「コンチネンタル」「艦隊を追って」で共演している。
「艦隊を追って」では、ホールで歌う歌手の一人、「コンチネンタル」では、「Let’s K-nock K-nees」を歌うダンサーである。
アステアを、ダンサーとして尊敬しており、初対面のときから、「踊るために生まれてきた人」だと感じたと語っている。

●代表作
「コニー・アイランド」
「100万長者と結婚する方法」
「ロッキーの春風」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加