バリー・ノートン Barry Norton

ダンサー、俳優。(1905.6.16~1956.8.24 アルゼンチン生)
アルゼンチンの裕福な家庭に生まれ、語学とダンスに堪能だった。映画には数多く出演したが、エキストラ級の役も多く、主要人物にキャスティングされたことは少ない。

日本の映画ファンで、「バリー・ノートン」の名が一発で分かるような人は、マニアックな吸血鬼ファン畑の人であることが多い(管理人もその1人です)。ノートンは、「魔人ドラキュラ スペイン語版」(ルゴシ・ドラキュラを超えると評価する人も多い)のハーカー役を演じたのである。ハーカーというのは、原作「吸血鬼ドラキュラ」では、物語の語り手の1人であり、コッポラの「ドラキュラ」では、キアヌ・リーヴスが演じた役である。そのハーカー=ノートンが、妙にミュージカルの出演が多いので、ちょっと調べてみたら、実はダンサーであり、アステア映画にも出演したことがあると分かった。

とは言っても、アステア映画では、「恋愛順決勝戦」のステージのお客の1人であり、ダンス・エキストラではなかった。(群舞の中に、ハーカーがいるのかと思ったのはぬか喜びであった)

●代表作
「間諜X27」
「カサブランカ」

※どうでもいい補足
吸血鬼も好きな代表管理人は、このような別ブログ=吸血鬼の手帖 を持っておりますが、これが不思議なブログで、「私は吸血鬼です」「私は半吸血鬼です」と名乗る書き込みが度々入ったりします。そして、管理人を吸血鬼だと思い込んでいる訪問者さんが多数いるらしく(最初は、当然シャレだと思って、乗っかってみたりしたこともある)、再三「噛んでくれ」「私も吸血鬼にしてくれ」と求められるので、ついに「管理人は人間です」と宣言したところ、アクセスが激減し、ここに到って初めて管理人は「洒落じゃなかったのかい!」と気付いたのでした。
管理人としては、吸血鬼の交流ブログを作ったつもりは無く、ここと同じように、「馬鹿みたいに情報を積み上げる倉庫」を作っていただけなので、非常に困惑し、最近は見に行くのも怖い場所になってしまいました。
どうすればいいんだ、こういうのは。
そして、また不思議なコメントが溜まっている。後で何とかしに行かなければ(怖いけど)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加