アステアの「ラン・アラウンド」

The Astaires: Fred & Adele

ラン・アラウンドとは、アステアの舞台時代に、アデール&フレッドの当たり芸(?)だったものである。こちらの記事:ラヴ・レター にも少し書いているが、通称「プカプカドン」と呼ばれ、エドワード・ロイス創案によるものだ。
舞台「ラヴ・レター」で、初めて披露されたそれは、アデールとフレッドが踊っているうちに、いつしか円を描いて舞台を回り始め、音楽はそれに合わせて「プッカプッカプッカ」というリズムになり、最後には二人はそのまま舞台からリズムに乗って走り去る、というものである。

これは、アステア姉弟が大当たりをとった振り付けであり、どんなにお客が乗らないステージでも、ラン・アラウンドさえくり出せば、客席からは歓声が沸きあがったという。
しかし、現在のアステア・ファンからすると、「それって、そんなに良かったわけ?」とつい思ってしまう。
大体が、単に走っているだけで、「踊り」とも言い難いものであって、「そう大騒ぎするようなものか? Puttin’ On the Ritzの方がずっとすごいんじゃない?」などと思わずにはいられない。
まあ、ラン・アラウンドとPuttin’ On the Ritzは比べるべきじゃないと思うが、何分アデール&フレッドの「ラン・アラウンド」を見たことが無いので、「本当に魅力があったのかどうか」が疑わしく感じられるのである。だって、文字で説明されているのを見ると、割と他愛無い演出のように思えるからだ。

しかし、現実には、アデール&フレッドの「ラン・アラウンド」は、ブロードウエイで無敵だったばかりでなく、海を渡ったイギリスでも大うけしている。「大きな魅力があった」ことは間違いないのである。
アステア自身によれば、その魅力は「アデールの喜劇センスに負うところが大きい」とのことである。そうだとすれば、アデールはかなり天才的に、「観客を喜ばせるナニモノカを知っていた人」なのだろう。アステア姉弟のラン・アラウンドは、何かことさらに面白おかしい様子とか、特殊なフォームで行うというものではなく、本当に「ただただランでアラウンド」し、それだけで魅せるものなのだから。

しかし、アデール&フレッドを見てない私の無責任な想像では、
「それは、今のブロードウエイでは通用しないんじゃ……?」
と思えたりもする。あの時代だから、通用したものではないのだろうか?
いや、それとも、アデールが蘇って、愛嬌いっぱいで舞台を回り始めたなら、今でも観客は熱狂するのかもしれない。アデールは、21世紀の観客のツボも見抜き、外さずに楽しませてくれるのかもしれない。

アステアは、映画でもラン・アラウンドを披露してくれている。
正統派のラン・アラウンドは、「踊る騎士」の遊園地のシーンで見ることができる。フレッドと、グレイシー・アレンが、回り舞台みたいなところを延々ぐるぐると回るのだが、正直、私は「アステアのラン・アラウンド」というものを知らずにこの作品を見て、目を見開いてぐるぐる走り続けるグレイシーの姿をかなり奇異に感じた。一緒に走るフレッドも、特に良いとは思わなかった。「ちょっと不思議な演出だなあ」という思いしか持たなかったシーンである。
アステア自身、このラン・アラウンドはうまくいかなかったと述懐しているが、もしも、あれをアデール&フレッドでやったなら、映画であってもすばらしかったというのなら、見られなかったことが残念である(「踊る騎士」は、アデールをヒロインにする案があったのだ)。

もう一作、「変形版のラン・アラウンド」というべきものが、「躍らん哉」で見られる。
公園で時間をつぶすアステアとジンジャーが、ローラースケートを始め、ローラースケート・タップを披露した後に、スケート場(?)をぐるぐると回り始め(曲は、速いテンポになるが、プッカプッカプッカではない)、ポーズを決めたまま芝生に倒れこむ、というものである。
映画の公開順でいくと、「躍らん哉」の次作が「踊る騎士」であり、どちらも1937年封切りである。(なぜ、この時期にラン・アラウンドが続いたのだろう?)

私の個人的な好みもあるかもしれないが、二作のラン・アラウンドを比べると、「面白い」という意味でも、「魅力的」という意味でも、「躍らん哉」が「踊る騎士」を上回っていると思う。
よりオリジナルの「アデール&フレッドのラン・アラウンド」に近いものよりも、変形版の方が良い結果になっていると私には思われるのだ。
しかし、これは振り付け上の問題なのか、グレイシーとジンジャーの違いによるものなのか、それともほかの何かの要因によるものなのかということになると、私には何とも判断できないのである。
(グレイシーとジンジャーならば、コメディエンヌとしてアデールに近いのはジンジャーだとは思うが……)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加