1919年 アップル・ブロッサムズ Apple Blossoms

●1919.10.7~1920.4.24

●グローブ劇場(NY)
●上演数:256

●製作
チャールズ・ディリンガム

●脚本
ウィリアム・ルバロン

●作詞
ウィリアム・ルバロン

●作曲
フリッツ・クライスラー
ヴィクター・ジャコビ

●音楽監督
ウィリアム・デイリー

●振付
エドワード・ロイス

●キャスト
ジョン・チャールズ・トーマス
ウィルダ・ベネット
ロイ・アトウェル
フレッド&アデール・アステア

●アステアのナンバー
On the Banks of the Bronx(作詞 William Le Baron)
A Girl, a Man, a Night, a Dance(作詞 William Le Baron)

●その他情報
・アステア姉弟は、前作よりも小さい役になったように見える(役名が付いておらず、ダンスシーンのときに出てきて踊る)
・本作は、アステア姉弟が始めてチャールズ・ディリンガムと契約したショウである
・リハーサルピアニストに、ジョージ・ガーシュインが加わっていた

※さすがに、私はアステアの舞台は見ておりません。この記事は、かき集めた資料によるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加