1931年 バンド・ワゴン Band Wagon

●1931.6.3~1932.1.16
●ニューアムステルダム劇場
●上演数 260

製作

マックス・ゴードン

脚本

ジョージ・S・カウフマン
ハワード・デューツ

作詞

ハワード・デューツ

作曲

アーサー・シュワルツ

振り付け

アルバティーナ・ラッシュ

照明デザイン

ハサード・ショート

プログラム表紙デザイン

ジョン・ヘルド・ジュニア

キャスト

フレッド&アデール・アステア
フランク・モーガン
ヘレン・ブロデリック
ティリー・ロッシュ
フィリップ・ローブ
ジョン・バーカー
ヴェラ・マーシュ

アステアのナンバー

Sweet Music
Hoops……フランスの子供に扮したアデールとフレッドが、大きなフープをそれぞれ持って歌う
New Sun in the Sky
Miserable With You
I Love Louisa……アデールとフレッドが、メリーゴーランド(馬じゃなくてキリンに見える)に乗って歌う
The Beggar Waltz
White Heat

その他情報

・本作は、アステア姉弟の最後の舞台である。本作は、アステア姉弟にとっては、大失敗となった前の舞台「スマイルズ」の雪辱戦であった。アステアは、何が何でも名誉を挽回したいとの意欲を持って臨んだらしい。その結果、「初日から大ウケ、年をまたいでのロング・ラン」となった。ああ、見たいなあ!

・Sweet Musicでは、アステアはアコーディオンを弾きながら踊った

・本作の制作費は16万ドル以上。当時としては破格の制作費であった

・本作の公演中に、アステアは後に結婚するフィリス・ポッターに出会っている

・アデールは、本作のツアー中に途中離脱して引退、結婚した。ツアー中のアステアは、姉の結婚式に参列できなかった

・本作では、ニューヨークではじめての、二重の回り舞台が使われた

・本作の楽曲を、1931年に録音したものがCDになっているが(アデールの歌声も聴ける)、それを聞くと、映画「バンド・ワゴン」で使われた「New Sun in the Sky」や「I Love Louisa」は、ほぼ忠実に1931年の息吹を伝えている。映画「バンド・ワゴン」では、「かつてショウでウケた曲」として「I Love Louisa」が歌い踊られるが、そのときにレスター(オスカー・レヴァントの役)が「(あの大ヒットが)忘れられない」という台詞がある。この台詞そのものに、初日の「I Love Louisa」はウケて、演者の大合唱に劇場は盛り上がり、忘れがたい大成功のステージとなった。

※さすがに、私はアステアの舞台は見ておりません。この記事は、かき集めた資料によるものです。

※旧ブログ時代にこの記事にいただいたコメントはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加