1926年 レディー・ビー・グッド Lady Be Good

●1926.4.14~1927.1.22

●エンパイア劇場(ロンドン)

●製作:アレックス・A・アーロンズ

●作詞
アイラ・ガーシュイン

●作曲
ジョージ・ガーシュイン

●キャスト
フレッド&アデール・アステア
ウィリアム・ケント
バディ・リー
ジョージ・ボレア
エワルト・スコット
シルビア・レスリー

●アステアのナンバー
Hang on to Me
So Am I
Fascinating Rhythm
The Half of It Dearie Blues
Swiss Miss(歌詞:アーサー・ジャクソン&アイラ・ガーシュイン)

●その他情報
・1924年に、ブロードウエイで大ヒットしたため、ロンドンでも公演を行った
・本作も、前のロンドン公演(ストップ・フラーティング)と同様、英国風のアレンジを加えている
・この渡英の最中に、アステア姉弟は、ヨーク公爵夫人に招かれ、赤子だった現在のエリザベス女王に会っている

※さすがに、私はアステアの舞台は見ておりません。この記事は、かき集めた資料によるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加